【ブラックバスTHEコラム】「何をするか」ではなく、「何をやめるか」



さて、ブラックバス釣りにおける「戦略」の持論は先述したとおりである。

フィールド状況を把握し、をブレさせずにやりきることが大事という話であったが、この軸が「戦略」であり、「戦略」とは軸から枝分かれしていくものである。その枝分かれした部分を「戦術」という。すなわちバスを釣る手法である。

これも重要。戦略は精神的に大事なところもあるが、戦術は具体策である。ちゃんと答えがある。

素人の私達は戦術の取捨選択を誤る場合が多いから釣れない(のだと思う)戦術がまちがっているのである。

バス釣りにおける戦術・手法とは、ルアーとタックルのチョイスである。

バスプロのDVDや動画・記事を見ていて感じることはないだろうか?

ルアーなんて1つか2つぐらいしか使っていない。

戦略を立てた次の段階で、戦術の取捨選択をしているのだ。「陸王」などは良い例で、1つのルアーで1日釣りきる姿を見たことがあると思う。当然、プロであれ、プラクティスを行った結果(戦略立案)から導き出されたルアーチョイスとタックルチョイス(戦術の取捨選択)であることは認識しているが、自分の戦略をブレさせずに釣りをする姿は、素人の私は本当に見習わなければならない。

さて、この取捨選択だが、表題にも記述してあるとおり、私の中では「何をするか」ではなく、「何をやめるか」である。「何を使うか」ではなく「何を使わないか」ということだ。

数あるルアーの中で、「今日はビッグベイトで釣りたい!」「このルアーを投げたい!」という様な気持ちは誰しもが必ず抱くものであるが、戦略にマッチしていないルアー(戦術)であれば使うべきではない。

では、「何を使うか」のほうが大事なのでは?と思う方もおられるだろう。確かに「何を使うか」も重要であることに異論はない。しかし、あれも使いたい、これも使いたいと邪念を抱くことこそが最大の戦略ブレと私は考えている。なぜなら、状況判断→手法の「流れ」が生きてこないからである。「何を使わないか」を重要とする理由はここにある。

フィールドの状況は日々刻々と変化しているので、当然、戦術の数(ルアー・タックルの数)は多いほうが有利なのは周知の事実。状況に応じてルアー・タックルチョイスができるからだ。しかし、その瞬間・その場所を攻略するには、ルアーやタックルは必要最低限で良いはずだ。

たくさんルアーを試すような時間も多くはないはず。朝夕のプライムタイムにこれをすると一瞬で場所が死ぬ。

だから戦術をたくさん持っている人ほど、「何をやめるか」なのである。釣るために武器を集中させるのである。

アスリートが良い例だ。TV等で話題のスポーツ選手の中で、3日前に始めましたなんて人はいないはず。ほとんどのアスリートが同じスポーツを幼少期から集中して長く続けている。一つのことでも続けると成果は出るのだ。仕事にもバス釣りにも同様のことが言えるのでおもしろい。

さて、この長文を今回もまとめてみる。

 

戦術は「何をするか」ではなく「何をやめるか」

戦略に沿った戦術(ルアー・タックル)を取捨選択すべし

 

私自身、この取捨選択がうまくないので、具体的に講じることができないことをお詫びする。。。

しかし、最近はタックル・ルアーとも状況に応じて「2つ以内」で行動している。

魚は釣れない(笑)が、こころなしかバイト数は多いと感じる。

ルアーチェンジ回数が少なくなった分、キャスト回数も増えているから魚の目の前を通過する回数も多いという整合性はあるので、頭の片隅のさらに隅に入れておいて頂けると幸いだ。

ただ、趣味の領域を超えた、釣果を上げるための個人的な考えであることを断っておく。

「投げたいルアーを投げる」「使いたいタックルを使う」ことこそ、趣味としては正しい。

自分がやりたいことで釣果を上げれれば、それが「ベスト」であることは話すまでもない。

IMG_0269
ROYALブラックバスフィッシングのフェイスブックをよろしくお願いします。

copy-hp_royal4.jpg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*