バス釣り以外の釣りも奥が深い話【兵庫県明石市】


バス釣り全然いけてねぇ!

というか、最近海釣りに誘われることが多く、釣り場も近いことから船でタイを狙いに行っています。



 

「タイラバ」って聞いたことあると思います。

 

漁師発祥の疑似餌でタイを狙うわけですが、これがタイしか釣れないわけではなく、基本的に根魚から回遊魚まで釣れる代物です。

バス釣りと違って、ルアーを上下させたり、シェイクさせたり、ダートさせたりといったアクションはまったく必要ありません。

ボトムをしっかり取って、タイのいる棚をゆっくり巻き上げるだけ。

「タイがいるところに釣れるルアー投げてんだから、釣れて当たり前やん」

という生温い感覚で実釣に向かったのですが、これがなんとも、まったく釣れない(笑)いやいや、難しいゾ。これ。

先述しましたが、「ボトムを取って、巻き上げるだけ」

この単純作業の奥が深いことに気づかされました。

まず、ボトムを取るという作業です。

湖や野池と違って、海には「潮流」が存在します。周知の潮流ですが、こいつが一番厄介。。。

潮の流れが速いと、ルアーが流されてボトムの感覚がまったくわからない!

船頭さんが「60m!」とかってポイントの水深を言ってくれるんですが、潮流が速いとボトムの感覚を掴めないまま100mぐらいラインが出てっちゃうんですね。。

これじゃあ、まったく釣りになりませんわな。とりあえずボトムの感覚を得ることが大事です。

そして、次にボトムまで落とすという作業。

この作業重要です。

必ずサミング!

ボトムの感覚が分かったら、次はサミングしながらルアーを落としてボトムを取る練習をしましょう。

タイはルアーの降下中からチェイスしていることも多いらしいのでボトムに勢いよく落としてしまうと見切られてしまうこともあるようです。なのでサミングでスピード調整をしましょう。





次は巻き上げる作業。

これも単純に巻けばよいわけではありません。最初は単純に巻きあげていましたが、全然アタリねぇ!

まず、ボトム到達後は即巻き上げが基です。先述しましたが、見切られない為とのこと。

そして、巻き上げスピードです。

ゆっくり上げてアタリがある場合も、早く巻いてアタリがある場合もあり、この辺がバス釣りでいうリトリーブスピード。魚の活性に応じて、変化をつけることが大事なようです。(タイラバ初心者なので漠然とした表現でスイマセン)

巻き上げスピードは釣れている人の巻き上げを観察していると良いでしょう。実際自分も釣れている人のスピードを真似して1本キャッチしました。

最後にタイのいる棚の探り方です。

ボトム着底から水面まで浮上させていると、かなり非効率です。船頭が伝えてくれる棚をしっかり聞いて、上下10m間を落として巻いて、落として巻いてを繰り返す方法がベターと感じました。

バス釣りと違って船代が発生していますからね、効率良く釣っていくことも重要だと思います。

んー、初心者的解説でスイマセン!

とりあえず1本ゲット!

あ、そうそう。

船上での立ち位置も重要らしいですよ。

一番良いのは船首だそうです!

船はタイのポイントを船首側から流していくので最初にルアーを落とせる分、船首が有利とのことでした。

船尾のほうでもデカ鯛が上がっていたので、タイミングでしょうかね~。

そしてもう1匹。

サメやし。。。

タイラバってなんでも釣れるんやな。。。

バス釣りも奥が深いですが、海釣りもやっぱり楽しいし、朝から海上で浮かぶのも気持ちがイイものですね!

バス釣りもがんばらないとです!

■海釣り釣果もフェイスブックに掲載中です!(私は基本バス釣りですが!)

下の画像からロイヤルブラックバスフィッシングのフェイスブックページにジャンプできます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*