弥栄湖の陸っぱり【山口県・広島県】県境 2015/8/5


山口県と広島県のちょうど県境に位置するダム湖、弥栄湖(やさかこ)への釣行です。

兼ねてから行きたかった県外遠征。そして単独陸っぱり釣行。そのフィールドでの1本を得るために、『1Place1Fish』を目標としてがんばってみましょう!という思い付き釣行です。ちゃんと仕事しろという声が聞こえてきそうです。。

 

 

夜に岡山を出発して、山口県岩国市に深夜1時に到着。

う~ん、かなり早いぞ。。どこかで車中泊か、健康ランドみたいなものはないかと探すが見つからず、岩国市のネカフェで寝て、朝4時に出発。

ダムサイト付近に到着したが、まだ暗くて周囲がよく見えない。。。そして人の気配は皆無。「ワォーン」と野犬の遠吠えが聞こえる。。。ちょっと怖いやん(笑)と思い、車の中で少し明るくなるのを待って、朝5時から足場の良いところをチェック!

主にチェックした場所は3箇所。それぞれ足場が良いポイントです。

point_弥栄湖T

とりあえず、ノーリサーチの釣行で真夏日という状況。戦略的に、朝夕のマズメは本湖側でも問題無いとして、気温が35℃を超えてくる日中をどこで過ごすかが問題となってきます。となると、やはりフレッシュな水が多く、カレントのきいているバックウォーターを攻めることが定石だろうと考え、バックウォーター付近をメインで下見していきました。

 

 

 【弥栄湖チェックポイント①】 公園水路入口

駐車場完備(ポイントまでは少し歩く)で、雰囲気のある釣りやすいポイント。ボイルが多発していましたが、どうも小バスが多いようです。アベレージサイズは30cmといったところでしょうか?回遊してくるバスを待つにも人的プレッシャーが高そうな場所で、フローターを降ろす人の姿も見掛けました。

point_弥栄湖①

 

IMG_1762

IMG_1763

 

 

橋脚付近にアプローチして釣ったバスがこちら。小さいサイズが連発。。。

IMG_1764

IMG_1766

 

 

 

 

 

 

 

 

※ヒットルアー フリックシェイク4.8inch

とりあえず 3匹!小さいサイズを釣って移動です。

【弥栄湖チェックポイント②】 弥栄渓谷方面 白鳥広場付近

かなりベイトの数が多く、インレット(滝?)があるじゃないですか!? ここが朝イチポイントだったか!と思えるほど良い場所でした。ただ、人も入ってきやすい場所なのでスレてるんでしょうね~。フリックシェイクなんかのスタンダードなルアーには全く見向きもしません。(ちなみに見えバスもいました)

 

point_弥栄湖②

 

IMG_1768

 IMG_1769

IMG_1770

で、しっかりシェードも形成されるような自然の作り!かなり良い場所です。釣行時にビッグベイトの水面ピクピクで、橋の下から50アップが浮いてきましたがすぐに見えなくなってしまいました。。。粘る価値あり!

メインベイトは間違いなく小魚。サイズはワームの大きさでいうと、2inch~4inchといったところ。喰わせ用の仕掛け、ダウンショットに切り替えて即連発。

IMG_1783IMG_1782

 

 

 

 

 

 

 

 

※ヒットルアー ダウンショット アイシャッド2inch

アベレージサイズは簡単に釣れますが、デカいサイズがなかなか混じらない。。。

なかなか良い場所なので夕方再度入りなおすことにして移動です。

 

【弥栄湖チェックポイント③】 レイクプラザ弥栄南方面の公園

流れはまずまずだが、足場が良く、駐車場からのアプローチも快適なポイント。到着した時間は昼の12時ぐらいで、気温はすでに35℃でしたが、見えバスのチェックをしていると急にボイル発生!しかもかなり大きいサイズのベイトが追いかけられています!急いでロッド片手に斜面を駆け下りルアー投入!

ベントミノーを巻きながら水中を覗き込むと…巨大ナマズ。ボイルの正体はナマズでした。。。

point_弥栄湖③

IMG_1773IMG_1774

ポイント的には良い場所と思いますが、付近にカヌーがあったのでカヌー専用の駐車場だったかもしれません。この日は火曜日で、レンタルボート・カヌーともにお休みの日でした!(どおりで釣り人少ない訳だ…陸っぱりしてるのは自分だけでした)

ナマズにがっかりしたところで、お昼休憩。

その後、目星をつけたポイント②へ移動しましたが、釣り前に、気温がかなり上がってきたので、最上流をチェック

 

【弥栄渓谷】最上流部。キャンプ場有り。

ロケーション的にはかなりキレイな場所で気持ちの良い釣りができそうですが、渓流釣りの人が多いのかな?下の立て看板があったので釣りをするのはやめておきました。

放流はしてないけど、ブラックバスは、どこまでいっても外来魚。今の日本では、賛否両論ある存在なんですよね…。アメリカでは市場規模1兆円以上と言われている魚なのにね…。

魚の特性は変えられませんが、自分達バス釣りを楽しむ人間側から地域に貢献して、魚のイメージも変えていきたいものです。

IMG_1767

 

さて、ポイント②に戻り、夕マズメ。

本流の岸際でもベイトの数が増えており、ボイルも多い。が、釣れるバスはアベレージサイズばかりで、40以上は残念ながら釣れませんでした!(下手)

小バスと戯れていると、背後の山中からまたもや野犬の遠吠え。。。

「ワォーン」「ワンワン!」

・・・・・・・・。

帰ろ。。。

PM7:00ストップフィッシングです。釣果は、25~35cmのブラックバスが8匹でした!とりあえず『1Place1Fish』は達成!か?これで良いのか?と思いながら次のフィールドへ移動しました。

【本日のタックル】

超ストロングで臨んだ弥栄湖ですが、そんなに甘い訳がありません。スピニング大活躍でした。やはりグッドサイズを獲るなら、グッドサイズ用の仕掛けが必要と感じました。

IMG_1786

 

弥栄湖は、市街地からのアクセスも良く、水質もキレイなダム湖でした。なんといっても陸っぱりに嬉しい足場が多い!キレイに整備された場所が多く、今までに行ったダム湖よりも行楽地として発展しているように思いました。自分を含めて我々ブラックバス釣りに興じる人たちもマナーを守って健全なフィッシングをしていきましょう!

hp_royal_facebook_click

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*